コラーゲンは、そのままでは無い?

摂取したコラーゲンはそのまんまお肌のコラーゲンになるわけではありません。

 

 

コラーゲンはタンパク質の1種で、アミノ酸が長くつながっていてできています。
摂取したコラーゲンは体の中でアミノ酸に分解されることにより吸収されて行きます。

 

 

 

コラーゲンのまま吸収されることはありません。
バラバラに分解されてしまったアミノ酸は、体のいろいろなところでタンパク質に再構築されることになります。

 

 

 

体のあらゆる部分にコラーゲンやタンパク質の存在しているのでいろいろな使われ方をされます。
摂取したコラーゲンが必ずしも肌のコラーゲンとして使われるわけでは無いのです。

 

 

そういった意味では効果ないと考える方がいらっしゃるのもうなづけます。
お肌をきれいにしようとコラーゲンをどんどん摂取したとしても、思った通りに効果が出ないと言う事はあるのです。

 

 

コラーゲンの直接的な使い道を決定するのはホルモンになります。

 

 

また、摂取したコラーゲンからできたアミノ酸は、
すべてがタンパク質の原料として使われるわけでもありません。

 

 

その一部は糖や脂肪に変わります。
つまり、これはコラーゲンの飲み過ぎは脂肪を発生させる形になってしまうということになるのです。

 

 

 

コラーゲンの過剰摂取は効果ないと考える上に、さらに肥満の原因を作り出す形になる可能性もあるのです。
まずはこういったバランスを意識して摂取することが重要でしょう。

 

 

 

生理前の敏感肌化粧品