セラミドの真の重要性

乾燥肌で悩んでいることが多いようですが、意外と真実を知っている人は少ないかと思います。乾燥肌と言うと、肌の表面がカサカサしてしまい粉がふいてしまったるなど外見的なイメージが強いかと思います。ですが真の乾燥肌とは、角質層の水分が減少してしまうことです。健康的な角質層は約20%の水分を含むとされています。乾燥肌の原因としては、お肌のセラミドが減少するからだと言われています。年齢を重ねるたり、強いクレンジングを繰り返してしまうことなどによってセラミドはドンドンと減少してしまいます。

 

 

季節的に空気が乾燥すると乾燥肌になってしまう可能性も関連していないとは言えないのですが、直接的な影響は少ないとされています。本当の意味での乾燥肌は肌の内部の問題になっています。ターンオーバーによって、表皮細胞の中でセラミド等との支出が生成されることになります。細胞が死滅してから角質細胞に変わるときに脂質は細胞の外に出ます。この状態が角質細胞間脂質です。これは細胞同士をしっかりと結びつけてくれて水分を保持してくれる働きを持つされています。セラミドはこの角質細胞間脂質の1つと言われています。お肌の潤いをしっかりと維持しようと考えるとセラミドが1番重要な成分と言っても良いでしょう。セラミドがなくなってしまうだけで肌の水分バランスは半分以上低下すると言っても過言ではありません。