ホルモンバランス異常がプラスに働くことも?

生理前になると女性ホルモンのバランスが崩れてしまいやすくなるので、PMSと呼ばれる症状に見舞われる女性が大変多いのですが、その症状の中でよく聞かれるのがニキビができると言ったものや肌が荒れやすくなどと肌に関連するトラブルです。従って、生理前になると女性は肌がボロボロになってしまうという印象が独り歩きしています。

 

ところが、肌が荒れるどころか逆に肌がきれいになる女性も少なくありません。生理前からもっちりとしたハリが復活して若々しくきれいに見えるようになり、生理が終わると同時にハリや潤いが失われてもちもち感も元の状態に戻ってしまうというパターンです。これと似たパターンで生理になる少し前から便秘が解消されてお通じがよくなるものの、整理期間だけの限定で終わるというものもありますが、結局両者とも原因は女性ホルモンの分泌のバランスが変化するからです。

 

排卵する時に分泌される黄体ホルモンの量が通常よりも増えることで生理になるように体が反応して、これが原因で肌にプラスに働いた場合に肌荒れがおとなしくなって、すべすべになったりもちもちしたしっとりした感じになるとされています。生理期間中の女性ホルモンは美容にいい効果をもたらしてくれることもあるのですね。