大人ニキビは思春期などのニキビと同じようにしても治りません。大人ニキビができる原因は皮膚のターンオーバーの乱れであり、これによって毛穴に皮脂や古い角質が溜まり、炎症を起こします。そのため、治療法としてはターンオーバーを適切な周期にすることが効果的です。
これには、まず適切な時間に睡眠を取るようにします。皮膚の修復は22時から2時の間が活発になるため、できるだけこの時間に睡眠を取り、成長ホルモンの分泌を促します。
肌の新陳代謝を促すビタミンA・B2・B6・Cなどのビタミン類を意識的に摂取し、食生活も栄養バランスの良いものに改善します。
大人ニキビの治療法として、美容品や石鹸、皮膚科などのピーリングによるターンオーバーの促進も有効です。ただし、ターンオーバーの周期は早すぎても良くないため、やりすぎには注意が必要です。
ニキビのできた皮膚では細菌を攻撃するために活性酸素が生成されますが、これによって皮膚も傷付くため、抗酸化力のあるビタミンC誘導体を含む美容液なども有効です。
また、ストレスでホルモンバランスが乱れないように生活習慣を改善することも重要です。

 

 

>>>生理前敏感肌の化粧水