消すもんじゃない?

美白化粧品は、できてしまったシミをなんとか消そうと頑張って入念に使う方がいますが、
基本的にはこれからできてしまうしみを予防するためのものとなります。

 

ですが現在できてしまったシミに対しての効果が全くないわけではありません。
美白化粧品はできてしまったシミの部分だけでなく、顔全体に使うのがポイントになります。

 

ついつい、シミの上に擦り込んでしまう人もいますが、
それは逆効果
となります。

 

肌の上に軽くのせるように使うのがポイントです。
しっかりと浸透させたいからといって、強くすり込んだりするとその刺激がシミやシワの原因になってしまうこともあります。

 

また、マッサージしながらつけるというのも危険です。
美白化粧品は全体的に刺激が強いものが多いので、
つけながらマッサージは控えた方が良いといえます。

 

マッサージを行う場合は、保湿化粧品をつける時に行いましょう。
順番としては、まず頬になじませます。

 

手のひらに適量の美白化粧品を取り、
両手で頬をつつむようにしてなじませます。
使う量は、お使いの美白化粧品の取り扱い説明書に従うようにしましょう。

 

 

肌が弱い部分は、軽くトントンと叩いて弾ませるようにしましょう。
特に目元は肌が弱い部分となっています。
できるだけやさしく全体的に立ちませんように使いましょう。

 

 

生理前の敏感肌化粧品〜【IFSCC最優秀賞4回】トライアル