1連の流れ

睡眠不足による悪影響は、歳を重ねていくことによってどんどんお肌に表面化なります。

 

 

 

歳を重ねていくと、成長ホルモンがどんどん減っていきます。
20代の頃よりも30代、40代に入ってしまうと睡眠不足の影響はとても多くなるとされています。

 

 

 

肌荒れに悩んでいる方の場合、睡眠不足の可能性を疑うと、
否定することがとても多いです。

 

 

 

子供の頃から睡眠不足は続けているので、
お肌に特に関係ないと考えていることが少なくないようです。

 

 

 

ですが、この場合年齢とともに減少していく成長ホルモンの事をしっかりと考えることが重要なのです。
睡眠不足の次の日に、いつもと顔が違うと感じることが多いかと思います。

 

 

現代人では、どちらかと言うと食事のほうに目が向いてしまいがちなのですが、
顔にダイレクトに現れるのは睡眠不足の影響です。

 

 

もちろん、暴飲暴食も顔がむくんでしまったり、体に悪影響を表すことがあります。
肌質と言う面から考えると、1番影響を及ぼしやすいのは睡眠不足と言うことになります。

 

 

 

お肌が荒れている場合は、内臓に問題が起きていることも考えられます。
便秘になってしまうとニキビができてしまったり、ストレスで湿疹ができてしまったりするということもあり得ます。

 

 

睡眠不足、健康、美容、などはすべて1連の流れとしてつながっているのです。

 

 

生理前の敏感肌化粧品〜【IFSCC最優秀賞4回】トライアル