生理前の敏感肌・乾燥肌で化粧水がピリピリ、、、

生理前の敏感肌、、、

 

今まで何でもなかった化粧水が急にしみてヒリヒリ、ピリピリ
水だけでも痛い時もある
こんな時、何を使ったら良いの?

 

ピリピリしない化粧水って、無いの?

 

そんなあなたへ、アットコスメでも1位を獲得
生理前の急な敏感肌でもしみない
特許取得の化粧水をご紹介します。

 

 

敏感肌化粧水で、初のエイジングケアも可能にしています。

 

 

日本で1つだけ!生理前敏感肌でも「ピリピリしない」特許取得の化粧水

 

生理前敏感肌でも「ピリピリしない」特許取得の化粧水をご存知ですか?
>>http://www.decencia.co.jp/

 

トライアルセットですが、ご使用後であっても
30日間の全額返金ができます。

 

 

敏感肌でもエイジングケアができて、外部からの刺激をシャットダウンするピリピリしみない特許を取得。

 

それを元に
国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)の世界大会で最優秀賞4回・優秀賞2回を受賞。

 

 

ディセンシア「アヤナス」って?

 

ポーラ化粧品・オルビスグループが独自開発し、
肌老化の原因「敏感肌でもしみない」に着目した商品です。

 

 

生理前だと急に
いつもの敏感肌化粧水でもしみてしまう、、、

 

 

そんな方に選ばれています。

 

 

開発者ご自身もアトピーに悩み、
大人になってからも極度の敏感肌に苦しんでおられました。

 

たくさんの利用者意見を元に4年以上もの期間をかけて完成されたものです。

 

 

多くの美容誌・ファッション誌、敏感肌専門ホームページなどでも1位
ベストコスメ賞を獲得しています。

 

 

70名の皮膚科医が在籍しているスキンケア大学でも
「スキンケア大学認定品」として認められています。

 

 

生理前の敏感肌で、どんな基礎化粧品を使えば良いかわからない、、、

 

あなたがもし、お悩みであれば一度、敏感肌専用の公式サイトをご覧になってみてください。
>>http://www.decencia.co.jp/

 

 

トライアルセットですが、ご使用後であっても
30日間の全額返金ができます。

 

 

「アヤナス」の特許技術って?

 

敏感肌とは角層が荒れた状態です。

 

また、この時に紫外線や外部の刺激を受けてしまうと、
どんどん未熟な角層を作り、バリヤをはろうとします。

 

 

ですが、そもそも未熟な角層なので、また荒れてしまうんです。
これが生理前などでは、急に起こり、悪循環にハマってしまう事が多いんです。

 

 

アヤナスの特許技術とは
角層で荒れた肌をバリヤクリームで包むことにより、元から備えているバリヤ機能を正常に戻すことです。

 

特許クリームで
もう一つのバリヤをはり、守っている間に、ちゃんとした角層に成長させてあげるんです。

 

生理前の敏感肌・乾燥肌

 

基本的にはホルモンバランスが乱れる事が原因です。

 

 

特に
女性ホルモンであるエストロゲンは30歳を過ぎたあたりから
急激に減少していきます。

 

 

アラサー時期に、
突然、深刻な生理前の敏感肌に悩むことになる方が多いのはこのためです。

 

 

肌のターンオーバーをはじめ、バリヤ機能なども大きく乱れていますので、
いつもの化粧水がしみたり、大人ニキビがデキてしまったり。

 

 

敏感肌・乾燥肌は11歳も老ける??

 

アヤナスの公式サイトでも細かい説明がありますが、乾燥肌に悩む方では
見た目年齢に11歳もの差が出ます。

 

 

肌の内部乾燥がドンドン進んでしまうので、水分蒸発による小じわができやすいんです。

 

 

また、乾燥は、小さな肌炎症を繰り返してしまうのでコラーゲンの切断も早くなってしまいます。

 

 

↓↓クリックで詳細が見れます↓↓
http://www.decencia.co.jp/敏感肌

 

 

敏感肌専用のBBクリームもあります。
>>>https://www.decencia.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敏感肌のエイジングケア

優しい化粧品を使ってもすぐに赤くなってしまう、ちょっと触れただけでも赤くなってしまう、かゆくなってしまうなどなど少しの刺激で肌のトラブルを起こしやすい肌質のこと敏感肌といいます。
敏感肌にはアレルギー体質等生まれつきのようとも関係してきます。歳をとるにつれて肌が敏感になってきたと感じるのであれば、セラミド不足が要因になっている可能性があります。セラミドとは、肌の水分を守ってくれる大切な保湿物質にあります。セラミドが不足してしまうと、肌の水分がどんどん逃げてしまうだけではなく、外部刺激から肌を守るバリア機能が低下していきます。この敏感肌の状態を防ぐには、何よりも正しい保湿を行いバリア機能を育てることが大切です。
多くの場合間違っているエイジングケアの方法で自分で敏感肌をつくり上げてしまっている方も少なくありません。
特に洗浄力の強いクレンジングオイルやリキッドタイプのクレンジング、日焼け止めの下地、リキッドファンデーションなどは乾燥を深刻に招いてしまうことが少なくありません。これらは敏感肌を創り上げてしまう原因とされています。
ターンオーバーが正常に行われている方の角層には、角質細胞同士をつなぎとめるセラミドなどの角質細胞間脂質がしっかりと存在しています。このためバリア機能がきちんと保たれ、外部からの刺激をシャットアウトできるのです。
ターンオーバーが低下してしまうと、角層のセラミドが減少していきます。これは肌の水分がどんどん失われていくことにあります。バリア機能が低下し、外部からの刺激が肌の奥まで入り込んでしまい、刺激に弱い肌になります。
敏感肌のエイジングケアに大切なのは、セラミド配合の美容液で保湿を強化すること。クレンジングは、できるだけ洗浄力が弱いものに変えること。ファンデーションは肌に優しいパウダータイプを使いましょう。極端に敏感肌になってしまった時は保湿をシンプルに徹底的に行うことが大切です。

 

血流促進の方法で美肌を目指す!

イワシ、サンマ、サバなどの魚には、EPA、dhaという不飽和脂肪酸が多く含まれています。
これらは血中のこれステロールや中性脂肪下げる働きがあります。
特にdhaには悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれる作用があります。
イワシ、サンマ、サバなどの魚を積極的に取り入れるようにしましょう。摂取を控えたいのは、トランス脂肪酸です。これは、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らし、動脈硬化を促進させてしまいます。
外国では、トランス脂肪酸の規制が進んでいることでも有名です。一切取らないことが難しいかもしれませんが、出来る限り確認して摂取しないことが大切です。

飽和脂肪酸

ラードやバター等、肉類の思考や乳製品の脂肪に多くふくまれている脂肪酸です。常温では固体で存在します。体内では溜まりやすく、血液の粘度を高め、ドロドロにし、その上これステロールや中性脂肪の合成を促します。しかしながら摂取する量が極端に少なくなってしまうと、逆に脳出血リスクが高まるというデータもあります。

不飽和脂肪酸

動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールや、中性脂肪を減らす叩きがあります。しかしなら取りすぎは体内の免疫バランスをみだしアトピーなどのアレルギー疾患が増える気になることもあります。

トランス脂肪酸

マーガリン、ショートニング、工業加工油脂、またはそれらを使った外食の揚げ物、インスタント食品、スナック菓子などに含まれている脂肪酸です。動脈硬化を促進させることがわかっているため摂取は控えたいところです。自宅で作る場合のモノやバターを使ったお菓子類には、トランス脂肪酸が特に多くなる事はないとされています。

血管年齢に良いとされる漢方

漢方薬の中では八味地黄丸が血管の老化にここからあるとされています。老化に伴う冷え性、腰痛、かすみ目や高血圧などに用いられています。特に更年期この人によくきくことが多いです。

 

 

 

 

 

 

<あとがき>
敏感肌で悩み続け、美白をはじめとしたスキンケアやエイジングケアをあきらめてしまう方も少なくありません。特に美白に関しては一定の刺激があるものが多く、デリケートな肌にはタブーとされていました。敏感肌の問題は、外部刺激と内部からの肌再生によるところが大きいです。これは体質的な部分もありますし、ストレスや生理、生活環境で切り替わってしまう方もいます。出来る限り刺激を与えないような化粧品が多いのも特徴的ですね。水を基準とした化粧水などがメインになって保湿するのが誠意いっぱいな感じでした。そうはいってみても加齢に対する対策もキチンと行いたいのが本当のところではないでしょうか?そんな方に向けてアヤナスは、外からの刺激は一切シャットアウト。肌をクリームをはじめとした化粧水などでキチンと守りつつ、その間に新しい肌をキチンを再生させることを目的としています。何だかんだ言ってもエイジングケアを怠る事はデキません。
ピリピリしみてしまったりを我慢しながらのエイジングケアは逆効果になってしまうことも多いですが、炎症を起こさない仕組みをもった化粧品を使うことによって安心できますね。炎症を抑えるのは、薬的な発想なので一時的に治めるといった考えになります。これでは長い目で考えてみたときや生理前敏感肌を毎回痛くなってからケアしなくてはならなくなります。生理前の敏感肌での化粧水ではどちらかと言うと無難なものが多く、その時をなんとか乗り越えられれば良いといった考え方が多いように思えます。繰り返す生理前の敏感肌を痛くなる前から保護しつつ予防が期待できるのがアヤナスと言っても過言ではないかと思います。小さいころからずっと生理前が悩みの種です。

2015/09/21 21:23:21 |
生理前になると女性ホルモンのバランスが崩れてしまいやすくなるので、PMSと呼ばれる症状に見舞われる女性が大変多いのですが、その症状の中でよく聞かれるのがニキビができると言ったものや肌が荒れやすくなどと肌に関連するトラブルです。従って、生理前になると女性は肌がボロボロになってしまうという印象が独り歩きしています。ところが、肌が荒れるどころか逆に肌がきれいになる女性も少なくありません。生理前からもっちりとしたハリが復活して若々しくきれいに見えるようになり、生理が終わると同時にハリや潤いが失われてもちもち感も元の状態に戻ってしまうというパターンです。これと似たパターンで生理になる少し前から便秘が解消...
2015/09/21 21:23:21 |
生理前症候群とは生理が始まる少し前から出てくるあらゆる症状をまとめて形容した言葉です。PMSと全く同じ現象を意味する言葉ですから、女性ならどちらかの言葉、あるいは両方ともなじみが深いものですから知っている人の方が多いのではないかと思われます。イライラしやすい、下痢をしやすい、頭痛がするなどの症状のほかに生理前症候群で多いのがニキビや吹き出物がたくさん出てしまう肌荒れです。逆に女性ホルモンのバランスが整えられて肌がもちもちのしっとり美肌になるという人もいるのですが、生理前症候群が原因の肌荒れで悩んでいる人の方が多いのではないかという印象があります。これは個人差が大きいのですが、肌荒れはどうして起...
2015/09/12 16:41:12 |
乾燥肌で悩んでいることが多いようですが、意外と真実を知っている人は少ないかと思います。乾燥肌と言うと、肌の表面がカサカサしてしまい粉がふいてしまったるなど外見的なイメージが強いかと思います。ですが真の乾燥肌とは、角質層の水分が減少してしまうことです。健康的な角質層は約20%の水分を含むとされています。乾燥肌の原因としては、お肌のセラミドが減少するからだと言われています。年齢を重ねるたり、強いクレンジングを繰り返してしまうことなどによってセラミドはドンドンと減少してしまいます。季節的に空気が乾燥すると乾燥肌になってしまう可能性も関連していないとは言えないのですが、直接的な影響は少ないとされていま...
2015/09/12 16:36:12 |
敏感肌の対策を考えるときに、重要なのはアレルギーと乾燥肌です。もし早い段階でアレルギーになってしまう原因がわかっている場合には、これを回避することが最も重要になります。ですが、季節性の花粉や、ハウスダストなどでは意図的に避けることが難しいものも多いでしょう。こういった場合には、まだそのものをしっかりと守ってあげることや、強化することが重要になります。日常生活を規則正しく繰り返すのもちろんのこと、自分に合った正しいスキンケアを行うことが重要になります。ここで重要になるのが自分に合っている部分をしっかりと探すということです、一般的には正しいとされているスキンケアであっても自分の肌にとっては悪化して...
2015/01/05 18:47:05 |
摂取したコラーゲンはそのまんまお肌のコラーゲンになるわけではありません。コラーゲンはタンパク質の1種で、アミノ酸が長くつながっていてできています。摂取したコラーゲンは体の中でアミノ酸に分解されることにより吸収されて行きます。コラーゲンのまま吸収されることはありません。バラバラに分解されてしまったアミノ酸は、体のいろいろなところでタンパク質に再構築されることになります。体のあらゆる部分にコラーゲンやタンパク質の存在しているのでいろいろな使われ方をされます。摂取したコラーゲンが必ずしも肌のコラーゲンとして使われるわけでは無いのです。そういった意味では効果ないと考える方がいらっしゃるのもうなづけます...
2014/12/12 02:55:12 |
睡眠不足による悪影響は、歳を重ねていくことによってどんどんお肌に表面化なります。歳を重ねていくと、成長ホルモンがどんどん減っていきます。20代の頃よりも30代、40代に入ってしまうと睡眠不足の影響はとても多くなるとされています。肌荒れに悩んでいる方の場合、睡眠不足の可能性を疑うと、否定することがとても多いです。子供の頃から睡眠不足は続けているので、お肌に特に関係ないと考えていることが少なくないようです。ですが、この場合年齢とともに減少していく成長ホルモンの事をしっかりと考えることが重要なのです。睡眠不足の次の日に、いつもと顔が違うと感じることが多いかと思います。現代人では、どちらかと言うと食事...
2014/12/11 03:11:11 |
生理前には、肌のバリア機能が低下しています。特に敏感肌の方においては、かゆみを発症してしまうことも少なくありません。痒みが起きてしまう直接的な原因としては、皮膚の機能が低下していることにより、体の中の熱を上手く放出することができない事による乾燥とも言われています。こういった事は、赤ら顔の原因にもなったりします。敏感肌の方が生理前にかゆみを引き起こさないために注意しておきたい事は、肌が弱っているという点をしっかりと理解した上で成果することです。少しでも肌に刺激を与えるような事は全て行わないようにしましょう。特に、日常的についつい行ってしまいがちなことは剃毛です。生理前といっても、毛が生えてしまっ...
2014/09/13 23:57:13 |
ビタミンC誘導体ビタミンCを肌に吸収されやすい形に描いたものです。抗酸化作用のほかに、美白作用、抗炎症作用などがあります。ナイアシン肌の代謝を活発にし、コラーゲンやセラミドの合成を高めることができますカテキンフラボノイドの1種でお茶の成分で有名です。抗酸化、老化防止作用とともに、美白、保湿、収れん、日焼け予防効果が期待されます。リコピントマトに含まれている赤い色素です。カロテノイドの1種。とても強い抗酸化作用持ちます。紫外線を浴びることで肌に生じる活性酸素除去することができます。メラニンの生成を抑制することが可能で、美白効果も期待できます。アントシアニン植物にたくさん存在する色素です。花や果物...
2014/09/11 02:50:11 |
美白化粧品は、できてしまったシミをなんとか消そうと頑張って入念に使う方がいますが、基本的にはこれからできてしまうしみを予防するためのものとなります。ですが現在できてしまったシミに対しての効果が全くないわけではありません。美白化粧品はできてしまったシミの部分だけでなく、顔全体に使うのがポイントになります。ついつい、シミの上に擦り込んでしまう人もいますが、それは逆効果となります。肌の上に軽くのせるように使うのがポイントです。しっかりと浸透させたいからといって、強くすり込んだりするとその刺激がシミやシワの原因になってしまうこともあります。また、マッサージしながらつけるというのも危険です。美白化粧品は...
2014/09/09 00:40:09 |
レチノールは、ビタミンの一緒になります。もともと人間の体の中にあるものです。肌のターンオーバーを促進させてくれて、コラーゲンを増やしてくれる作用があります。目のあたりの小じわや浅いシワに特に効果的です。法令線や顔のシワなど深いシワにおいても使う事は可能ですが、深いシワになってしまうと目に見える効果を発揮するのは少し難しいかもしれません。しかしながら、効果がしっかりしている分、やや強い気が強いことにもなります。肌が弱い人の場合はきちんと注意して使うようにしましょう。選び方のポイントとしては、油溶性なので美容液クリームアイクリームなどに配合されています。大後は肌がかさついてしまうこともありますが、...